ホームレス留学生

家なしの留学生がお届けする雑記ブログ。

人種差別は無くならない。

 

f:id:ryugaku0429:20170513085938j:plain

留学して、わかったことの一つ、

それは

人種差別の根絶は不可能ということです。 

 

ちょっと今回はアグレッシブなタイトルですね。

 

 

留学して、まだ2、3ヶ月のころ。

 

白人女の子二人の集団から、ある日声をかけられました。

 

「Do you have a banana?」

バナナ持ってる?

 

まだ英語も拙い僕でも、その程度の簡単な英語は理解できました。

 

持ってないよーと普通に答えると、

 

その女の子はクスクスと笑いながら、どこかへ去って行きました。

 

 

どういう意味だったんだろう?と思い、そのときやっていたバイトの上司に聞くと、その女の子達にブチギレていました。

 

 

 

どういう意味だったのかと申しますと

 

「(お前アジア人で猿だから)バナナ持ってる?」

 

 

という意味だったそうです。

 

これが、僕が留学中に初めて体験した人種差別でした。

 

 

正直、その出来事があまりにも突然すぎて、怒る気にもなりませんでした。

 

 

海外に住んで、もう4年くらい経ちますが、一つわかることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

人種差別は、必ず、絶対、無くならない。

 

 

 

 

 

中学の歴史で、先生からこう習いました。

 

 

「アメリカはメルティングポットと呼ばれていて、色んな人種が多種多様に暮らしている国なんだ」

 

 

様々な人種がメルト(溶けて)して、一つになって、国家を作っている。

 

 

それを聞けば、なんと素晴らしい国なんだと思うでしょう。

 

 

でも今ならこう言います。

 

 

 

 

 

 

 

あなたの頭の中はお花畑ですか??

 

 

 

 

いや、アメリカ、全然メルトしていないから笑。

 

人種差別なんて、毎日のように起きてるから。

 

人種間の壁、まじ半端なく高いから。

 

 

人種差別というと、かなり強烈なワードですので、
ようは人種の壁と言い直した方がいいでしょうか。

 

 

例えば。

 

 

アメリカの学校のクラスでも、アジア人はアジア人と固まって座り、白人は白人と隣で座り、黒人は黒人とよく座る傾向にあります。 

 

僕は学校で寮の管理人をしていましたが、その学校では大きな問題を起こすのは、黒人がダントツで多かった。それを注意しに行ったら、小さなアジア人だからかなり舐められました。

 

アジア人のパーティーに、白人の仲のいい友達を呼んだとき、かなり浮いてしまった。その逆のパターンもありました。

 

アジア人だけが住んでいたシェアハウスに、白人の子が一人で引っ越してきました。何も事件は起きなかったのに、ただそこにいるだけで白人の子は疎快感を感じてしまい、すぐに引っ越しすることに。

 

 

 

まだまだ例はありますが、この程度で割愛。

 

 

 

 

 

きっと、法的な人種差別はなくせると思います。

 

 

でも、世間でいう人種差別って、そういう紙上の話ではないと思うのですよ。

 

人間の感情が伴う場面になると、人種の壁を超えるのはかなり難しいのではないかと思います。なぜならもともと人間は自分と違うものと、うまく接するように作られていないからです。

 

 

 

そして、もう一つ言いたいこと。

 

 

「人種の壁を無くそう!」と言っている人ほど壁を無くせていない現状。

 

そう言った人は、自分のエゴで、考えが違う人々を一つの場所に追いやって、争いを激化させているだけ。

 

 

 

 

まず人種差別を本気で無くしたいのなら、最初にすべきことは、

人種差別は本質的に無くならない」ということを受け入れることです。

 

 

 

そのリアルな現状からスタートさせるべきだと思います。

 

 

あえて言います。

 

 

僕も人種差別をしている。

 

黒人は怖い。

 

白人は傲慢。

 

アジア人は陰険。

 

 

そんな僕自身も嫌いですが、
差別がなくなる世界など週刊少年ジャンプかマーベルコミックにしかないです。

 

 

「人種差別するな」などと綺麗事を言うなら、


螺旋丸でも練習して、

 

ワンピースを探しに行きましょう。

広告を非表示にする
プロフィール
id:ryugaku0429
   ホームレス留学生

英語・海外のことについて、ぶっちゃけたことを書いていきます

##ホームレス留学生##をフォローする

スポンサードリンク

<