ホームレス留学生

家なしの留学生がお届けする雑記ブログ。

現役留学生から子供を留学させるか迷っている親御さんたちへ

 

f:id:ryugaku0429:20170514025854j:plain

 

 

 

 

 現役のアメリカ正規留学生のリアルな視点から、

これから子供を留学させるか迷っている親御さん方に向けて、
3つの話をしようと思います。

 

 

 

 

 

留学すると、子供はどう変わるのか、
留学が家族にどれだけの影響を及ぼすのか、
そして子供が親に対してどういった気持ちを持つのか、
それを僕なりの視点と経験を元に、留学を迷っている親御さん方へお伝えしていこうと思います。

  

 

 

①留学すると他の家族が経済的な我慢をしなくてはいけなくなる

 

 

まず、一番大事な点。

 

留学にかかる費用は膨大です。

 

日本の国公立の年間の学費が約80〜90万。

それに比べて、今通っている僕の大学の年間の学費は、約300万。

 

でもすいません、州立なのでこれでも安いくらいです。

もっと高い大学だと、年間で700万かかったりします。

 

しかも、それにアパート代と食事代などを合わせると……

しかもそれを4年続けるとなると……。

家買えますよね笑

 

なので、家族の経費が、その子供に集中しがちです。

となると、他の家族がその負担分を我慢しなければいけなくなります。

 

兄弟がいるのであれば、他の兄弟達は私立の大学に行くのが難しくなります。

お父さんは、好きな車やバイクも買うのを我慢しなくてはいけません。

お母さんは、食費を削って、毎月留学している息子に10万以上の仕送りをしなくてはいけません。

 

留学に来ている大抵の留学生は、長男か長女です

 

僕も長男です。

長男だから、親から愛されてお金を投資してもらえているのでしょうか。

他の兄弟の学費をそこまで深く考えず、送り出している親御さん達もおられたのではないでしょうか。

 

 その他の兄弟達は

「なんであいつにだけ金使って俺たちには……」

と思ってしまうかもしれません。

 

 

 

②親に半端なく感謝するようになる

 

留学生同士で飲んだりすると、よく出るワードが

 

「やっぱり親にもうこれ以上苦労させられないから〜」

 

です。

 

 

Youtubeでこういう動画を見つけました。

 

 

www.youtube.com

 

親とその子供に

「一週間に何回、子供(親)のことを思い出していますか?」

と言う質問をした比較動画です。

 

親側は、

 

「毎日だよ」と答えていたのに対し、

 

子供側は

 

「一週間に、数回か…」

 

と答えていました。

 

 

 

おそらく、留学生は

 

 

 

毎日、毎時間、親のことを思っています。

 

決して安くはない学費と生活費。

何万、何十万という額が、クレジットカードからいとも簡単に毎月飛び出していく。

 

親とスカイプすると、親は嬉しそうな顔。
でも、どこか疲れた表情。残業でもしているのかな。

 

反対に、僕たちは、留学で好き勝手にさせてもらっている。

チャレンジさせてもらっている。

 

なんとか家族の負担を減らしつつ、早く卒業しなければ。

 

でも、アメリカ・異国生活は甘くない。

 

だけど、投資してくれた分の成果はあげたい。

 

 

結果を残さねば。

 

 

きっと、多くの留学生はこう考えて毎日生活していると思います。

 

 

 

 

 

 

 

③留学すると、後には引けない

 

 

仮に日本の大学へ進学したとして、その大学をやめてアメリカの大学に編入することは可能です。

 

本の学校の単位をアメリカの大学へ移すのは難しいですが、交渉すればなんとかなります。

 

ですが、アメリカの大学を途中でやめた場合、そこから日本の大学に編入することは難しいです。

 

編入できたとしても、元々在学していたアメリカの大学よりも、数段ランクが落ちる所に行くことになるでしょう。

 

アメリカの大学で頑張っていたのに、今更日本の大学って……。

と思っていた友人達もいました。

 

"アメリカの大学は入るのは簡単で、出るのは難しい"

 

と巷で言われています。

 

その一番の要因は、

間違いなく学費です。

 

勉強の難易度ではありません。勉強は全然なんとかなります。

 

留学を途中でやめた友人達もいましたが、そのほとんどが学費が払えないといった理由でした。

 

4年分の学費と生活費を払う余裕があるのかどうか、

それをしっかりと吟味した上で、決断をするべきです。

 

もし学費が足りなくて払えないとなった場合、

一番困るのは子供です。

 

どこにも行けないのですから。

苦労してアメリカの大学で頑張っていても、それが全部無駄になってしまった錯覚に陥ります。

 

 

 

 

 

 

以上の3つが、お伝えしたかったことです。

 

どれもこれも、ですね。

 

でも、本当に留学にはお金がかかるんですよ。

 

特に今は2017年5月現在では、円安で物価も高いですし、ちょっとした買い物でも日本よりも高くなってしまいます。

 

これらの情報が、留学の決断に少しでも役に立っていただけると幸いです。

広告を非表示にする
プロフィール
id:ryugaku0429
   ホームレス留学生

英語・海外のことについて、ぶっちゃけたことを書いていきます

##ホームレス留学生##をフォローする

スポンサードリンク

<