ホームレス留学生

家なしの留学生がお届けする雑記ブログ。

ロボットの出現によって、英語を勉強する意義はなくなるのか。【君は自動翻訳機 " ili" を知っているか 】

 

つい先日、日本語、英語、中国語、韓国語を多彩に扱う"マルチリンガル・フリーランサー" 中平麗華さんにインタビューさせていただきました。

 

www.homelessryugakusei.com

「大きな決断する時、基準は単純に"カッコよさ"だった」マルチリンガル・フリーランサー中平麗華さん - そろそろ、海を渡ろうか。

 

その中でも特に印象的だったのは、

これからは高性能な翻訳機がたくさん出てくると思う。
だから、私は機械じゃ伝えることができない部分を伝える必要がある。


同じ第二言語を勉強する者として、その点について色々と考えました。

 

 

とりあえず、この動画を見ていただきたい。

www.youtube.com

この動画は、日本に来た韓国の女の子たちが、自動翻訳機を使って観光している様子を撮影した動画です。

 

www.youtube.com

こちらも、ブロンド美人達が、翻訳機で楽しそうに日本を満喫してますな。

 

動画を見ていただいて、わかったと思うのですが、

翻訳がめちゃくちゃ正確で、なおかつ早い。

 

この翻訳機なんなの?

 

f:id:ryugaku0429:20170710144548p:plain

【 ili 】 (イリ)
日本の会社、Logbarが開発した小型自動翻訳機です。

Wearable translator (身に付けることができる翻訳機) と言われており、持ち運びにとても便利で、旅行者にオススメのアイテムとして紹介されています。

必要なのは Wifi だけ。

 

現在、売り切れ状態で、新しい在庫の入荷はまだ先みたい。

価格は2万円とまぁ手が届かないレベルではない。ここから予約できます。

ili - Wi-Fi free Instant Translator

 

ってかさ、マジでこれ、めちゃくちゃ良くないか?

 

www.youtube.com

iliを使って、初対面の女にキスする輩まで現れた。

けしからん。

 

しかし、すごい、面白い。

 

言語のバリアがなくなるだけで、こうも人って打ち解け合えるんだなーと。

 

こういう動画を見ると思う。

 

これから、もっともっと高性能な翻訳機が出てくるだろう。

英語を勉強する意味ってあるのだろうか?

 

深夜番組、朝まで委員会で、落合陽一氏が

「これからは、ロボットが人間に知識をくれる。これからの人間に必要なのは知恵だ」

と発言されていました。

 

知識とは、何かの物事について知っていること。

ざっくり言えば、覚える系のスキル。

知恵とは、物事の通りを理解して、適切に扱うこと。

ざっくり言えば、考える系のスキル。

 

英語は、知識に当たります。

ロボットで全然代替可能なスキルです。

 

「英語学習、、、、する必要はなくね?」という疑問にぶち当たるわけですが。

 

そこで、最初の中平麗華さんのポイントに回帰します。

"機械では届けられないことを、届ける"

それはきっと、機械では説明できない"感情"であったりすると思うんです。

 

今の世界、工場でたくさんの種類の食品が大量に生産できる技術ができたのに、

工場で生産されるよりも高く売れるのは、

"手作り"と表記される食べ物です。

"手作り〜パン"とか、見るだけでなにか美味しく感じますよね?

 

例えば、お寿司屋さんもそう。

寿司なんて作業過程も簡単だし、工場で大量生産することができそうなのに

売れているお店は、熟練の寿司職人が実際に寿司を握って出しています。

 

正直なところ、食べ物の味なんて、素人にはそんなに分からなくないですか?笑

でも、手作り感があったり、職人さんが握ってくれていた方が、

なんとなくイイ気がしませんか?

それは、信頼があるからです。

 

ロボット翻訳は本格的な実装はまだ少し先(3年以内には来そう)だと思います。
しかし、やはりロボット・AIには届けられない部分がある。

 

言語って、ただの情報交換じゃないと思うんですよね。

情報に、自分の感情を乗っけて届けるのが言語だと思うんです。

 

その役目はロボットにはまだor永遠に出来ないから、英語を勉強する意義はある。

 

 という結論です。

 

広告を非表示にする
プロフィール
id:ryugaku0429
   ホームレス留学生

英語・海外のことについて、ぶっちゃけたことを書いていきます

##ホームレス留学生##をフォローする

スポンサードリンク

<